1. ホーム
  2. がんの基礎知識
  3. ≫がん治療にかかる金額

がん治療にかかる金額

消えていくお金

ガンの告知を受けたら、まず、初めに気になるのは「自分のこれからは、一体どうなるのか?」という事でしょう

それが分かったら次に気になるのがガン治療にかかる金額です。

まず結論から書くと、がんの治療費は年間で平均100万かかると言われています。

ちょっと待って!ガン保険や高額医療制度があるのに、そんなにかかるの?

おっしゃる通り、確かに日本の保険制度は社会健康保険や国民健康保険など万が一に備えた制度があります。

ですから入院費や治療費、診察料から薬の処方まで、一部金の負担 だけで賄えるようになっています。

しかし、それを勘定に入れてもガン治療には約100万円もかかってしまいます。

何故、ガンの治療費が100万近く必要なのか? ここではがん治療とお金の関係を説明します。

がんの部位別の自己負担額

がんは部位別によって治療にかかるお金やその他の費用など自己負担額が異なります。まずは、一例として以下へまとめて紹介します。

乳がん 肺がん 大腸がん 全体平均
入院 22.2万円 30.7万円 35.2万円 28.3万円
外来 22.5万円 30.5万円 43.6万円 24.2万円
民間医療費 10.9万円 32.7万円 33万円 20.5万円
交通費 2.4万円 4.6万円 4.8万円 3.5万円
民間保険料 26.3万円 37.4万円 43.9万円 36.3万円
平均自己負担額 84.3万円 135.9万円 160.5万円 112.8万円

乳癌の自己負担は84万円に対して、大腸癌だと自己負担が約2倍の160万円にもなります。

大体の人は、生命保険会社の医療保険やガン保険に加入してるので、保険金がおりるはずです。その他に高額医療費制度を使えば、後に戻ってくる費用もあります。

「そういう制度を駆使すれば実質かかる費用は少ないはずだと・・・」

こう思いますよね。しかし、この他に、保険が適用しない診療費がある事も忘れてはいけません。

たとえば、がんのステージは4段階(1~4)に分かれていますが、数字が増すほど負担する医療額も増加するのは有名な話です。

したがって、「ウチは高額療養費制度や生命保険があるから大丈夫」と、楽観的に考えていると、予想外の痛い目を見る可能性があります。

そういった事情があるので、「保険に入ってるから大丈夫」 とか、「高額医療で費用は戻りがあるからなんとかなるよ」 、では済まなくなる可能性もあることを認識しておくべきです。

がん治療の保険適用と保険適用外

保険適用について

がんの治療には保険適用保険適用外の2つがあります。

たとえば1000万円の医療費がかかった場合、全てが保険適用なら300万円支払えば済みます。しかし、全て保険適用外だったら全額自己負担です。

ガンの治療費を保険適用と保険適用外に分けた表を以下にまとめました。

保険適用

  • 初診料・再診料
  • 手術・麻酔
  • 検査料
  • 注射料
  • 投薬料
  • 入院料
  • 放射線治療科

保険適用外

  • 差額ベッド代
  • 入院中の食事代
  • 入院中の日用品・衣類など
  • 先進医療代
  • 診断書作成費
  • 交通費
  • その他雑費

高額療養費制度の対象は、図の左側の保険適用行為だけです。

保険適用外になると、高額療養費制度は適応されませんから、費用は全て自己負担するしかありません。

がん治療の自己負担が高くなってしまうケースはほぼコレが占めていると言われています。

お金に換算されない仕事について

ちなみに、家族がガンになると、その人が家庭内でそれまで担っていた役割(家事、育児、介護など)ができなくなる可能性もあります。

家事ができない

これらの作業はお金には換算されないものの、一家にとっては非常に重要な役割ですよね。ですから、今後それらは誰がやるのか?という問題が出てくる点も忘れてはいけません。

ガンの治療方針は、一つとは限らない

選択肢

ガン治療と言えば抗がん剤のイメージがありますが、100%誰にでも効果があるわけではありません。

使用した抗がん剤が効かないと分かった時には、別の治療方針に変更される場合もあります。

治療法が変われば、治療費も変わります。治療費がプラスされるため、さらに治療費の負担が増える可能性も考慮しないといけません。

治療計画を新しく立てた場合、その計画の中の検査や治療行為が、保険適用外も含まれるてる可能性もあります。

預金の蓄えがたっぷりあるなら問題はありません。でも、誰もが経済的に豊かなわけではありませんよね。

現在でも経済的な事情を理由に、受けたい治療があるのに、それは保険適用外だから諦めないといけない、という人は沢山います。

ガンで慌てないために。お金についてはきちんと準備を

預金通帳

ガンになったら実際の治療費がどのくらいになるかは蓋を開けるまでは分かりません。

保険適用外の治療を受けて通院が長期に渡れば、治療費を払うことさえ厳しくなってしまいます。

その上、生活費・教育費・家のローンなども払わないといけないとなると、家計の負担が増えるどころか下手をすれば親戚に頭を下げて回る、なんてことにもなりかねません。

そうならないためにも、保険の見直しや国や県、市などにある公的補助制度なども調べておき、家族間で万が一に備えた話し合いをしておくとよいでしょう。

場合により、FPなど、専門家に事前に相談しておくのも大事な事かもしれません。

ガンになってから動いたのでは、対応が後手後手に回り大変なことになりがちです。イザという時のための準備や話し合いは、しておくようにしたいものですね。

シェアをお願いします。