1. ホーム
  2. がんに効く食べ物
  3. ≫がんに効く食べ物 大豆

がんに効く食べ物 大豆

大豆

畑のお肉の名とも言われているは大豆はがんに効く食べ物の中でも特に高い人気を誇っています。

しかしそれもそれもそのはず。大豆には女性ホルモンを促すことで有名なイソフラボンを初めとして、ビタミンEやサポニンが豊富に含まれており、強烈な抗酸化作用 が期待できるからです。

これらががんを作ってしまう活性酸素を除去するので、それで結果的に大豆を食べるとがんになりにくい体が出来る、という仕組みです。

大豆は洋食よりも和食を中心に扱われているので若い人だと口にする機会が少ないかもしれません。

でも、最近はコンビニなどでも大豆の健康効果に注目して材料に積極的に使ったサラダ・お弁当なども販売されているので、実は知らず知らずのうちに口にしている人も多いことでしょう。

納豆や水煮を始めとした数々の料理に使えるので飽きがくる恐れもない大豆はまさにがんに効く食べ物の中でも救世主と呼べる存在ですね。

低カロリーでかつ高タンパクなので癌に関係なくダイエットにも効果的ですし、最近では糖質制限ダイエットを行っている人からも高い評価を受けています。

特に納豆は青ネギと合わせて食べることで完全食品 ともいわれるほどバランスの良い食品となります。

大豆と乳がんの関係

さて、大豆を語る上で欠かせないのが大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンは更年期障害や骨粗しょう症に悩んでいる女性にとっては必需品ともいえる存在で、今やコンビニで手軽に買えるパック飲料まで発売されるほど人気を博しています。

ここまで女性がイソフラボンを頼りにする理由は簡単。大豆イソフラボンは更年期障害や骨粗しょう症を、改善・治療してくれる効果が期待できる ためです。

今はTVでも度々大豆のパワーが宣伝されてますので、「詳しい理屈は分からないけど、豆乳あたりを飲んどくと体に良いらしい!」って理解している若い子も多いみたいですね。

大豆や豆乳は乳がんには良くない?

実は大豆イソフラボンのエストロゲン活性は世間一般のイメージより遥かに弱いです。

しかし、それでもその血中濃度は閉経後女性のエストログン濃度の約1000倍以上にもなるので、体内のエストログンが低下している女性には大豆イソフラボンが効果的だと言われています。

さて、そんな大豆イソフラボンですが、エストロゲン依存性の乳がん(※エストロゲンががん細胞の増殖が促進されるタイプの乳がん)の治療後は、摂取を控えるべきという意見もあります。

なぜなら、このタイプの乳がんは、ホルモン療法で治療するのですが、そこで大豆イソフラボンを多く摂取してしまうと、ホルモン療法の効果が阻害される可能性があるからです。

実際、エストロゲン依存性乳がんの培養細胞や移植腫瘍を使った実験では、大豆イソフラボンが、抗エストログン剤やアロマターゼ阻害剤の抗腫瘍効果を弱めてしまうという結果が得られています。

同様に、エストロゲン依存性乳がんの場合、「豆腐などの大豆製食品も摂取を控えるべき」という意見も古くからありました。

これが乳がんに大豆や豆乳は良くない、と言われる理由です。

大豆は乳がんの再発率と死亡率を下げる効果がアリ

このように、乳がんに大豆や豆乳は良くないという言説は多くの人がご存じだと思います。

ところが、最近の研究で大豆製食品の摂取が多い人ほど、乳がん治療後の死亡率や再発率が低い ことが明らかになりました。

例えば、中国で行われた元乳がん患者の追跡調査では、手術を受けた乳がん患者5000人を対象に、大豆タンパクとイソフラボンの摂取量について、ガンの再発率・死亡率の関係を検討しました。

その結果、大豆タンパクの摂取量の多い上位1/4グループでは、摂取量が少ない下位1/4グループに比べて、死亡の相対リスクは0.7倍、再発率は0.68倍にまで低下したそうです。

また、大豆タンパクの摂取量が多い上位1/4のグループの4年後の死亡割合は7.4%で、4年後に再発している割合は8%だったのに対し、大豆タンパクの摂取量が少ない下位1/4のグループの4年死亡率は10.3%、4年再発率は11.2%でした。

大豆イソフラボンについても同様で、摂取量の多い1/4グループでは、摂取量が少ない下位1/4のグループに比べて、死亡率が0.79倍、再発率は0.77倍に低下していました。

この関係は、エストログン受容体の陽性・陰性に関係なく共通して認められたものです。

つまり、大豆製食品を多く摂取する人のほうが、摂取量が少ない人よりも死亡率・再発率がともに大きく改善していた んです。

さらに、大豆食品の摂取の多い上位1/4グループは、タモキシフェン(※抗悪性腫瘍剤の一種)を使った場合と同じくらい、ガンの再発予防効果が確認されたそうです。

なお、大豆タンパクとイソフラボンの摂取量と死亡・再発リスクの相関関係は、大豆タンパクが1日1lg、イソフラボンが1日40mgに達するまでは、飲めば飲むほどリスクは低下していきましたが、この量を超えると、再発や死亡を予防する効果は低下しました。

この他、乳がん患者の大豆製食品摂取量と生存率を検討した研究結果でも、ホルモン依存性・非依存性、開経前・開経後どちらの乳ガンでも、大豆製食品の摂取が多いグループのほうが、再発率も死亡率も低下することが分かったそうです。

大豆は癌に効く食べ物として非常に優秀

大豆製食品経由での大豆イソフラボンの摂取量は、1日あたり米国では3mg以下、アジアの国々では20~50mgが適切と言われています。

エストログン依存性・非依存性、あるいはホルモン療法中の人かどうかにかかわらず、1日あたり20~50mgくらいの摂取量であれば健康上問題ありません。

むしろ、すでに述べた通り、再発予防効果を高める可能性があります。

これはどの食品にも共通して言えることですが、消費期限の切れた食品食品添加物まみれのジャンクフードでも無い限り、自然の食べ物は食べ過ぎなければ癌にとって極端にマイナスに働くことはありません。

ですから大豆もそればかり食べる・飲む姿勢させ見せなければこれほど頼もしいパートナーは他にないといってもいいでしょう。

節度を守って仲良く大豆と付き合いたいものですね。

シェアをお願いします。