1. ホーム
  2. がんに効く食べ物
  3. ≫がんに効く食べ物 肉

がんに効く食べ物 肉

お肉

がんにはよくないと考えられている肉。実は、日々のお肉の摂取量とガンの因果関係については、研究によって結果が異なるためまだはっきりとした結論は出ていません。

しかしそんな中、まず間違いなく癌に良くないだろうと言われているお肉もあります。それが高温で加熱した赤身の肉、及び加工肉(ハム、ソーセージ、ベーコンなど)です。

これら食品には元々発がん物質が多く含まれているので、摂取量が増えれば増えるほど発がんリスクも高まるだろうという指摘があります。

焦げた肉はガンのリスクを上げる

「焦げたものを食べるとがんになる」というのは常識です。たしかに、肉や魚などの焦げた部分には、発がん性物質(変異原物質DNAに変異を起こしてがんを発生させる物質)が含まれます。

具体的に言うと、高温によって肉や魚などに含まれるアミノ酸やクレアチエンが反応して生じるヘテロサイクリックアミンや、有機化合物の加熱によって生じるベンゾピレンなどが、遺伝子を傷つける発がん物質に該当します。

とはいえ、日々の食生活において焦げたものを多少摂取しても、現実問題として、それが原因で癌になってしまった、なんてことは滅多にありません。

では、なぜ高温で焼いた赤身の肉が発がんリスクを高めるのか?というと、肉や魚を高温で加熱すると、脂肪が酸化されて過酸化脂質が多く生まれるからです。

この過酸化脂質がまさにがんや動脈硬化のリスクを高めてしまう物質なわけです。

実際に、バーベキューや焼き肉など直火で高温加熱した赤身の肉(牛肉、豚肉、羊肉)を摂取すると、膵臓がんや前立腺がんや腎臓がんなど、いくつかのがんの発生率が高まるという研究結果もあるくらいです。

一方、ハムやソーセージなどの加工肉も、加工や保存の過程で発がん作用のある物質が生成され、さらに様々な添加物によってがんの発生が促進される可能性もあるため油断はできません。

発がんリスクを減らすなら玉ねぎ、大根おろしを添えると良い

ちなみに、大根の根に含まれるオキシダーゼは、舎アロサイクリックアミンを分解する働きを持っています。また、タマネギは肉の加熱による発がん物質の生成を減らすという研究結果もあるので、焼き魚に添える大根おろしや、ハンバーグに入っているタマネギは、発がん作用をちょっと減らしてくれる存在としてお得です。

お肉は便秘を誘発し大腸がんのリスクを上げる

お肉が良くないガンといえば大腸がんが挙げられます。なぜならお肉は便秘を引き起こしやすいからです。

もちろん便秘の原因は人それぞれ様々ですが、もしあなたが肉が好きで頻繁に食べているというのであれば便秘の原因はその肉食にあるかもしれません。

数年前から優しく中性的な男性が装飾系男子として持てはやされていますが、それとは対照的に猛々しく異性をリードしていくのが肉食系男子です。

かくいう私も20~30代頃までは性格的な意味でも食事的な意味でも肉食系女子一直線という感じでとにかくお肉ばかり食べていました。

例えば食事といえば生姜焼きやトンカツが大好きで焼肉食べ放題などの店に行けば本当にお肉しか食べてなかったほどです。

自分が女性であることも忘れてとにかく肉!肉!肉!でした(笑)

ところがそんな風にガッツリお肉を食べた翌日は必ずといっていいほどトイレに籠りっぱなし。「う~ん・・・」と唸りながら中々出てこないウンチに悪戦苦闘したものです。

さて、そんな私の昔話はこのくらいにしておいて、なぜ肉食は便秘になりやすいのかを説明したいと思います。

肉食は便秘で草食は快便

ライオンとシマウマ

肉食は便秘になりやすいわけですが、その理由は単純。お肉は消化吸収するのに時間がかかるからです。

こう書くと次は「なぜ消化吸収に時間がかかるのか?」という疑問が出てくると思います。これについては草食動物と肉食動物の進化の過程を持ち出すと分かりやすく理解できます。

草食動物が食べる草は比較的どこにでも自生しています。そのため草食動物は沢山食べて沢山排泄して、どんどん体を大きくしていくというのが種の繁栄という意味で正しい成長政略になりました。

一方、肉食動物は基本的に狩りによってしか食事にありつけません。

つまり、いつ獲物に出会えるか分からない不安な状態が普通なわけです。だから、なるべく食べ物を消化器官に長く滞在させておき、ゆっくり栄養を吸収して食べた肉から最後の一滴まで栄養を吸収するように進化していきました。

ようするに、食事にいつありつけるか分からない肉食動物にとっては栄養はゆっくり吸収した方が何かと都合がよかったのです。

そして私たち人間の体も肉食が続くにつれて体が肉食動物のように変化していき、結果として便秘がちになりました。

腸内で吸収した後のいわば残りカスがウンチなのですが、カスになるまでに時間がかかると排出されるときには水分が抜けてガチガチに固まっています。それで結果的に「う~ん・・・」と唸りながらトイレに籠り、長くなる、というわけです。

お肉は美味しくてついつい食べたくなってしまいますが、便秘に悩んでいる人にとっては大敵ですね。

シェアをお願いします。