1. ホーム
  2. がんに効く食べ物
  3. ≫がんに効く食べ物 ニンニク

がんに効く食べ物 ニンニク

ニンニク

強烈な匂いと独特の風味で好き嫌いが激しいニンニクがんリスクを少なくする食べ物として今、世界中の注目を集めています。

特にアメリカは90年代から始めたがんに効果がある食品をリストアップして、有効な食品を作ろうというデザイナーフーズ計画ではニンニクは最も重要な食品の一つとして挙げられています。そこでの予防効果がもっとも高い食品はニンニクだったそうです。

ニンニクの抗がん作用が最初に報告されたのは1975年でした。その後1983年に動物実験でがんに対抗する力があることが明らかになりました。

ニンニクはこれまでの大規模な疫学調査によって、乳がん、結腸腺がん、胃がんの予防に有効である ことが確認されています。実際、ニンニクをたくさん食べている人は、腎臓がんや前立腺がんになりにくいことが明らかになっています。

つまり、ニンニクには強い抗がん効果があるわけです。

それを確認するため、実は日本でも2004年に51人を対象とした大腸がんの臨床試験が行われました。

その実験では進行しやすい大腸腺種にかかっている人たちを、熟成エンニク抽出液を1カ月24ミリリットル摂るグループと、その15分の1しか摂らないグループに分けて、大腸がん発生リスクを比較しました。

その結果、多く摂ったほうのグループはがんになるリスクが30%も低下していました。

これは日本国内だけの結果だけにとどまりません。実際、その実験の正しさを裏付けるかのようにニンニクを沢山食べている韓国や中国東北部ではがん患者は少ないというデータも出ているからです。

ニンニクが癌に効く仕組み

ニンニクは包丁で切り刻まれたり、微生物に感染したり、水分が減少したりといったストレスを受けた後で水に触れると、生化学反応がどんどん進みます。

まず、ニンニクの細胞内に存在するアリイナーゼという酵素が活動をはじめ、アリインをアリシン(硫化アリル)にすばやく分解します。

このアリシンがさらに分解し、 ジアリルスルフィド(DAS)、 ジアリルジスルフィド(DADS)、 メチルアリルスリレフィド、 アオインなど、100種類を超える含硫有機物ができてきます。

刻んだニンニクは独特の強力なにおいで有名ですが、その正体はアリシンをはじめ多くのイオウを含んだ有機物です。

ニンニクに入っているこれらの含硫有機物が、がんを防ぐのです。

とりわけニンニクは、ニトロソアミンによる発がんの防止に効果的です。ニトロソアミンはDNAにダメージを与え変異を引き起こすことで、がんへの道を一歩進めるのです

ニトロソアミンが発生するのは、肉を焼きすぎたとき、タバコが燃焼するときです。

それからソーセージ、ベーコン、ハムなどの食品添加物として繁用される亜硝酸塩は、腸内細菌によってニトロソアミンに変換されるので、これもがんの原因となります。

がんを抑制する効果は、ニンニクのほうがニラ、タマネギよりも強いようです。

さらにニンニクには、発がん性物質の排泄を促進させる働きがあるばかりか、がん細胞を自殺へと導く効果もあります。

白血病、大腸がん、乳がん、肺がん、前立腺がんから採取した癌細胞にニンニクから抽出した物質を添加すると、細胞を自殺させるスイッチが入り、がん細胞の発育が大幅に変化します。

がん細胞を自殺させるのに、ジアリルスルフィド(DAS)とジアリルジスルフィド(DADS)は非常に効果的です。

ガンに効果的なにんにくの食べ方とは

さて、ニンニクは大変複雑な野菜で、調理法によって成分にかなりの変化を受けます。がん細胞にもっとも影響を与えている成分は、

  • 水溶性のイオウ化合物であるSアリルシステイン
  • 脂溶性のジアリルスルフィドなどのスルフィド類

などです。これらの成分には

  • がん細胞を増殖させる新生血管の形成を抑制する
  • がん細胞をアポトーシス(自殺)に導く
  • 活性酸素による遺伝子の損傷を防ぐ
  • がんと闘うリンパ球や細胞などの免疫細胞のはたらきを活性化する

などの作用があることが明らかになっています。すりおろしたもの、焼いたもの、炒めたものなどさまざまな調理法で、1日4グラム程度のエンニクを摂るよう心がけるとよいということです。

癌対策として日々の食事ににんにくを

独特の風味と後に残る匂いで毛嫌いする人が多いにんにくですが、癌対策を考えるのであればニンニクオイルやガーリックバターなどが効果が高いので苦手な人も一度食べてみてはいかがでしょうか。

我が家では翌日と翌々日が休みの金曜日夜にニンニクを使うパターンが圧倒的に多いです。ちょっとした料理に加えたり、ペペロンチーノに入れたり、最近では創作料理の一環として麻婆豆腐やカレーに隠し味としてコッソリ入れてみたりしています(笑)

スーパーなどで普通に購入すると皮を剥くのが面倒なので、業務用スーパーなどで瓶入りのすりおろしタイプのものや細切れタイプのものを買うと手間がかからないのでおススメです。

業務用スーパーのにんにく

大容量500グラムや1キロでも500円、600円と、通常の生にんにくやチューブタイプのにんにくよりも遥かに安いので興味のある人は買ってみて下さい。

シェアをお願いします。