がんに効く食べ物を紹介します


こんにちは。管理人のA・Yと言います。 数年前に主人の食道がんが発覚して以来、毎日寝ても醒めてもがんのことばかり考えてきた主婦です。

夫が癌の告知を受けた時、私たちは最初に一般的な三大治療や民間療法による治療を検討しました。

しかし三大療法は体への負担・副作用が厳しく、アガリクスを始めとした様々な民間療法は高額な費用が馬鹿にできないので継続は厳しい状況でした。

そこで私たち夫婦が一番力を入れたのはがんに効く食べ物を積極的に摂って体の内側からがんに対処する自然療法 でした。

色々な試行錯誤の末、努力の甲斐(?)もあってか主人のがんは自然後退の末寛解し、今では趣味だった海釣りも再開するまでになりました。

当サイトではそんな私たち夫婦の闘病記録も交えながら、実際に夫に食べてもらったがんに効く食べ物を色々ご紹介していきたいと思います。

そもそもガンの原因って?

ガンについてまるで素人だった私はまず最初にガンになってしまう原因から調べることにしました。『彼を知り己を知れば百戦殆うからず』なんて諺もあるくらいですしね。

それで分かったのですが、私たちの体の中では日夜古い細胞が死滅して代わりに新しい細胞が生まれています。 そしてこの過程でがん細胞も1日あたり5000個程度生まれています。

これだけ聞くとビックリしてしまいますが、実はこれが問題になることはありません。

なぜならそれらガン細胞は体の中にあるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)という免疫細胞 が見つけ次第やっつけてしまうからです。

問題となるのはここでNK細胞がガン細胞を見逃してしまった時。

もし、1個でもがん細胞が体の中で残ってしまったら最後。がん細胞は1→2→4→8→16・・・と倍々計算で増えていきます。

そして1億個を超えた所でがんとして認知されるようになってしまいます。

これがガンが生まれる時の大雑把なメカニズムです。

免疫力を上げることが一番のガン対策!

がんは体の中に現れた悪者をやっつけるNK細胞ががん細胞を見逃してしまうことで発症します。

ということは、裏を返せば体内のNK細胞の数を増やしたり活発にさせる(免疫力を上げる)ことができれば癌は防ぐことが出来る 、ということが言えます。

つまり、 がんに効く食べ物=免疫力を上げる食べ物 ということが言えるわけです。

免疫力を上げるがんに効く食べ物

さて、ここで当サイトのテーマでもある「がんに効く食べ物」の話に繋がります。

がんに効く食べ物(免疫力を上げる食べ物)といえば、納豆や緑黄色野菜、青魚などなど・・・古くから“健康に良い”と言われてきた食品の多くが該当します。

これらは免疫力を上げる効果が特に優れているので、がんに効く食べ物を意識的に摂ろうするのであれば是非とも食べたいところです。

しかし、ここで疑問が残ります。

それは既に体の中にできてしまった癌をどうにかする食品はないの?ということです。

免疫力を上げて新たな癌の発生を防いだとしても、既に体内にできてしまった癌をどうにかできなきゃ根本的な解決にはなってませんからね。

私と夫もこの点が非常に気になり、既にできてしまった癌に効く食べ物は無いものかと調べていたのですが・・・・・・実は、そんな夢のような食べ物は私たちの身の回りにはありました。

それは、いつもスーパーで見かけるブロッコリーです。

もし、自分や家族にがん患者がいるのにブロッコリーを全然食べてない人がいたら、その人はすごく勿体ないです。

そう言えるくらい、ブロッコリーはガン対策としてズバ抜けています。

ブロッコリーはココが凄い!

がんに効く食べ物の中でブロッコリーがNo.1なのはどうしてか?

その理由はブロッコリーに含まれるMMTS(メチルメタンチオスルホネート)という成分にあります。

このMMTSには一度変異し始めてしまった細胞を修復する働き があります。

つまり、MMTSを摂取し続ければガンになりかかっている細胞が元に戻る効果が期待できる、というわけです。

MMTSは今のところブロッコリー以外には存在が確認されていないので、現在がんに悩んでいる人だったらブロッコリーは必須の食べ物です。

これは以前放送されたホンマでっかTVのキャプチャ画像です。最近はTVでもブロッコリーの凄さが放送されるようになってきましたね。

コレ凄くないですか?

ガンをやっつけるNK細胞を元気にする だけでなく、体内にできてしまったがん細胞を修復する働き まであり、更にその成分(MMTS)はブロッコリーからしか摂取できない

・・・とくれば、ブロッコリーを食べない理由はありません。

しかし「じゃあブロッコリーを沢山食べればOKなんだ」・・・・・・といえば、実はそうでもなく。

MMTSにはある落とし穴があります。

ブロッコリーの注意点

ブロッコリーに含まれるMMTSはがん対策の救世主とも呼べる存在です。でも、ここには大きな落とし穴があります。

それはMMTSを摂取するには鮮度の高いブロッコリーを完全生食で食べないといけない、という点です。

MMTSは熱にとても弱いので、茹でたりレンジで温めたりするとせっかくの成分が壊れてしまうのがその理由です。

野菜ジュースに挑戦してみるが・・・

私はこのことを知って「がんの治療のためだ~!」と思って試しに生でガブッといってみたのですが、正直キツかったですね…(旦那も渋い顔をしていました)

そこで発想を変えて、今度は野菜ジュースにしてこれを飲んでみたのですが、味は「う~ん・・・」といった感じでした。

何より野菜ジュースは1日2回作るとなると凄い大変だったのでフルタイムで働いている私にはかなりの負担でした。

この野菜ジュースを作る手間に苦労された話は『癌(がん)と戦う家族のブログ』>>にんじんジュースを3か月続けて思うこと<<に痛々しいほど記されているので興味のある人は読んでみてください。

私の場合、作ってあげる相手が夫だったり、朝と晩だけだったり、いくつか違う点はありましたが、このエピソードには共感する点が多く、痛いほど胸を打たれました。

現実的な方法でブロッコリーに含まれるMTTSを摂取する方法はないのか?

色々な料理のレシピを調べたり、ブロッコリーの種類について勉強したり………これについては本当に紆余曲折色々ありました。

そして、最終的に我が家はブロリコという一つの回答に落ち着きました。

ブロリコとは?

>>>免疫力活性化|ブロリコ<<<

ブロリコとは普通では吸収できないブロッコリーの栄養素を摂取できるようにしたサプリメントです。

免疫を活性化させる効果はメカブフコイダンの約60倍、DHAの70倍以上、アサイーの約240倍という実験データが出ていて、臨床実験でも実際に10%の免疫活性効果が立証されたそうです。

その凄さから、ブロリコの販売会社(イマジングローバルケア社)は開発元の東京大学と国際特許や各種表彰を受賞するまでになったそうです。

値段もひと月あたり6,000円でアガリクスや天仙液より遥かに安く、我が家は毎日二房ブロッコリーを買っていたので、もはや毎月のブロッコリー代よりブロリコの方が安いということで、ほぼ即決で購入しました。

初回は半額でしたし、90日間の返金保証も付いていましたからね。

「初回半額&返金保証まである=それだけ商品に自信がある」 という何よりの証拠だと思いました。

それで実際にブロリコを始めてみると、飲むだけでOKという手軽さが野菜ジュース作りに忙殺されていた私にとっては本当に有難かったです。

美味しくない野菜ジュースに毎日渋い顔をしていた旦那もブロリコに切り替えてからは朝機嫌が悪そうな日も減って、明らかに顔つきが変わっていきました。

ブロリコの効果はもちろんなんですけど、それまで苦しめられていた手間やストレスから解放されたのは本当に大きかったです。

そういう意味で、私にとっても夫にとってもブロリコは願ったり叶ったりな存在だったと思います。

ガンが取り返しのつかなくなる前に私たち夫婦がブロリコと出会えたのは、ただただひたすらラッキーでした。

旦那が亡くなった後に「こんなのあったんだ!知らなかった!」と言っても後の祭ですからね……

これからブロッコリーを積極的に食べていこうという人はもちろん、今までブロッコリーに手間暇取られて大変だった・・・という人はブロリコを検討する価値があると思います。

>>>ブロリコの初回半額を見てみる<<<

>>ブロリコの購入手順<<

>>ブロリコのよくある質問<<

がんは治せます

これだけ医療が発達した21世紀でもがんは未だに日本人の死因第一位に君臨していて、今も多くの人が闘病生活を強いられています。

でも、正しい知識と普段の生活に気を付けるだけでもそのリスクは激減できます。

また、ブロリコのようなガン対策の登場によって、がん発症後も自分の努力次第でその後の人生は随分変わるようにもなってきました。

今のところ、がんに最も効く食べ物はブロッコリーで間違いないと思いますが、当サイトでは今後も引き続きガンに効果的な食べ物を随時紹介していきたいと思います。

まずはここまで見て頂きありがとうございました


A・Y